朝起きて鏡を見たときは気にならないのに、時間が経つと口の周りや頬のあたりの皮がカサカサに・・・
冬になるとそんな乾燥肌に悩む人が急増します。
しっかり前日の夜の洗顔後は化粧水をつけたのに、と落ち込みますよね。
できれば常に化粧水を塗っていたいものですが、メイクをしてしまうともう手をつけられません。
ならばメイクの前にしっかりと保湿をしておきましょう。

・前日の保湿を丁寧にする今まで化粧水をつけていただけの場合、それだけでは保湿が足りていなかったということかもしれません。
コットンにたっぷりと化粧水を含ませて、気になる箇所にしばらく貼り付けておくだけでも違います。
もちろん化粧水をひたひたにしたパックを使用するのも効果的です。

・朝起きてからしっかりと保湿する乾燥が気になるから朝はゴシゴシ洗顔しないという方も多いのではないでしょうか。
確かに油分を必要以上に洗い流してしまうとさらなる乾燥を招きます。
しかしその油分だけで1日肌を潤せるわけではないので、メイクの前にもしっかりと化粧水を染み込ませましょう。
つけすぎかな?というくらいしっかりとケチらず顔に広げ、両手で包み込むようにしてゆっくりつけていきます。
もったりとしたタイプの化粧水は、つけすぎると時間が経っても残っている場合があるので、そういったときはコットンで軽く拭き取れば完了です。

乾燥肌や敏感肌はとにかく肌を必要以上に刺激しないことが大切です。
化粧水をたっぷり使えば、その分摩擦も少なくなり肌への負担も軽減されます。
つけすぎかな?というくらい贅沢に使って集中的にケアしてみましょう。

私はここを参考にしました⇒化粧水 つけすぎ

関連記事


    普通の肌質用やニキビ用、テカリを抑えたい人用とか美白用など、 化粧水は種類に応じて使うことが大事ですね。 乾燥が酷いと感じる肌には、プレ(導入)化粧水を試すことをおすすめします。 鏡を見るのが嫌になる…


    化粧品のような肌に直接つけるものは、 肌に合うかわからないのでお試し品や トライアルセットを用意していることが多いですよね。 しろ彩はお試し品やトライアルセット、 お試しサイズのような容量の少ないもの…


    >お肌に問題があるなら、 コラーゲン不足が原因なのではないでしょうか? 低分子のコラーゲンペプチドを根気強く摂ったら、 肌の水分量が非常に多くなったということが 研究の結果として報告されています…


    肌が外部からの刺激で傷つかないようにするバリア機能の働きを強め、潤いたっぷりの肌へと変貌を遂げさせてくれると注目されているものと言えば、こんにゃくセラミドです。 サプリメントで摂取しても効果的だし、化…


    今までは何のトラブルもない肌だったというのに、 不意に敏感肌体質へと変貌を遂げてしまう人もいます。 今までひいきにしていたスキンケア商品では肌に合わない可能性が高いので、 選択のし直しをする必要があり…