大学や企業の中にある保健室となると、遅くまでの残業勤務が皆無に等しい状態ですし、土日の休みや有休も余程のことがない限り確保できますから、募集の受付があると数日で決まるくらい大人気となっています。
女性でも看護師さんの最高平均年収は、50歳以上55歳未満の約550万円。
全ての職種の女性が、60歳という定年以降で年収が約300万円に落ち込むのに、看護師の平均年収額は、400万円くらいが保たれたままなのです。
4年制大学卒業の看護師さんと、高卒プラス専門学校卒業という経歴の看護師さんを比較すると、年収における金額の開きは10万円以下、ちょっぴり給料とボーナスが異なってくる程度なのです。
中でも30歳未満の若い女性看護師だけに絞り込むと、5割以上の人達が転職サイトを使って新たな勤務先に転職していて、職業安定所を利用したものや求人情報誌を使っての応募と比較して、非常に多くなっているそうです。
「決心して転職した甲斐があった」という結果を得るには、転職活動に入る際に状況の整理と把握をして、信用できる求人サイトなどで情報を入手して、念入りにチェックと検討を重ねてから行動に移すことがカギとなります。

有名大手企業は、今日までの成功事例も豊富で、サービスの内容も充実しており、相談担当のコンサルタントの質に関しても大変優秀なので、このような転職サイトを使うのはこれが初めてなんて看護師さんでも心配ご無用です。

詳しくこちらからご確認下さい。
↓↓↓
厚生病院 看護師 年収

今よりも満足できる経歴、給料や環境などを現実のものにするために、新天地への転職を“看護師としての輝かしいステップアップ”と、プラス思考で考える看護師さんもかなりの人数に上ります。
ご存じのとおり、看護師は身体的、精神的に強い方じゃなければ継続できないお仕事だと言えます。
その一方で、「稼げるのなら忙しくても大丈夫」と納得できる方にはうってつけの職業だと言って良いでしょうね。
確かに一般的な職業の女性よりも年収の額は多いのですが、体、心ともにハードな仕事だということと、夜勤がつきものであるという状況なので、それほど高額な給料だとは言えないのではないでしょうか。
60歳の定年を迎えるまで勤務している看護師の方は少数で、看護師の勤務の平均継続期間は約6年。
長期勤務には向いていない仕事と言えるのではないでしょうか。
給料や年収については他職種と比較して充実しています。

「医者は年収がすごい」「公務員だと生涯年収の面で有利」というふうに、職種独特の特徴を指摘する人がいますよね。
看護師の場合も、「たくさん給料をもらっている」なんて世間では認識されている職種ですよね。
勤務先の上司や同僚とのつきあいが面倒で転職したにもかかわらず、次の職場はもっと人間関係でつらい思いをすることが多いなんて話もよく聞きます。
引き返せなくなる前に、納得できるまで情報収集や準備をすることが肝心なのです。
受けることができるサービスは、就職活動や転職活動に絶対に必要なことが一通り準備されていて、さらに自分一人ではやりづらい病院との待遇に関する協議など、料金無料と思えないくらいのサービスが提供されているのです。
今の職場を辞めて転職するのだから、絶対に今度は条件の恵まれた職場で働きたいでしょう。
何が何でも、過去の勤務先よりも環境や待遇が理想に近付かないと、新たな勤務先に転職したことが無意味になってしまうかも。
希望に合わないのに応募してもらわないといけないという決まりがあるわけではないので、なるべく効率よく集めるという点を重視すると、看護師転職サイトを使用しないのはバカみたいな話です。

関連記事


    求人募集の詳細を調査するだけにとどまらず、現場の人間関係、雰囲気直属の上司になる看護師長のキャラクター、有給休暇や産休、育休の過去の実績、看護師の配置まで、詳しく調べるべきだと思います。 転職できた場…


    応募先の雰囲気や環境のこと、実際の人間関係など、ネット上や求人情報ではご紹介できないけれど、応募を検討している立場からは確かめておきたい極秘情報を豊富にご紹介することもできます。 お家で負担を強いられ…


    先に就職支援雑誌とか学校の求人、PCやスマホでインターネットを駆使して、自分が欲しい情報を取りまとめてから、合致するところのみから求人情報を請求する方がうまくいくと思います。 看護師としての勤務先は、…


    看護師さんに関しては、給料を引き上げたいという要求が中心には違いないのですが、他の理由というのは、年代層や離転職の回数によって、多少違いが出ています。 退職済みではないので、看護師募集中の病院情報など…


    とりあえず2つか3つ程度の看護師転職サイトで会員登録しておいて、最終的には最も信頼性があって、フィーリングの合うアドバイザーに限定していくのが、最高の進め方でしょう。 大手の運営だと、現在に至るまでの…